スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

最新情報!

スティーヴ・ウィンウッドのニューアルバム「Nine Lives」は発売日が4/8とアナウンスされました。。当初は今月予定されているエリック・クラプトンとのジョイント・コンサートに併せての発売と言われていましたが、どうやら間に合わなかった模様…。

しかし、MySpaceのスティーヴのページではアルバム収録曲も発表され、いよいよだな、という気分も高まってきました。
収録曲は以下の9曲です。曲数はアルバムタイトルにもひっかけてあるのでしょう。今回は新たにコロンビア・レコードとサインし、メジャーの流通に乗るようなので、セールス的にも期待したいところ。もちろん彼自身のレーベル、wincraftの名前も、当然クレジットされているのではないかとは思いますが。

・I'm Not Drowning
・Fly
・Raging Sea
・Dirty City
・We're All Looking
・Hungry Man
・Secrets
・At Times We Do Forget
・Other Shore

前作同様、ジョゼー・ネトが演奏や曲作りで活躍しているそうで、もはや彼はスティーヴにはなくてはならない相棒になっているようです。となるとやはり「About Time」に匹敵する内容を期待してしまいます。
トピックとしては、エリック・クラプトンがスティーヴのソロアルバムでは初めてゲスト参加を果たしており、"Dirty City"でギターを弾いているようです。
待ちきれませんね!

そしてMySpaceのトップにも出ていますが、5月30日を皮切りに、トム・ペティ&ハートブレイカーズのスペシャル・ゲストとしてUSジョイントツアーも決定しています。これまたずいぶん意外な顔合わせ。とはいえ、ペティはビートルズ関係やジェフ・リンなど、ブリティッシュ・ロッカー達との関わりもありますし、当然トラフィックなどにも親しんできた世代。いったいどんな内容になるのか想像がつかないですが、実りのあるものになればいいですね。


そして今月の25、26、28日に迫ってきた、マジソン・スクエア・ガーデンのスティーヴとエリック・クラプトンのジョイントコンサートのほうもメンバーが明らかになりました。

ドラムスにはクロスロード・フェスティヴァルでもスティーヴ・ジョーダンと並んで叩いていたイアン・トーマス、ベースには名手ウィリー・ウィークス、キーボードにはクリス・ステイントンと、現在のエリックのバンドからの選抜メンバーとなっています。ピート・タウンゼンドの参加も噂されていたらしいですが、どうやらそれはない模様(でも飛び入りがあったりして…)。

となるとブラインド・フェイスの要素と、スティーヴの1stソロの要素(ウィリーはここで重要な役割を担っていました)、そしてもしかしたらレインボー・コンサートの要素が混じったものになる可能性もある?
いずれにせよ見られないのは非常に残念ですが、もしここを読んでくださっている方で、ライヴに行く予定がある方、ぜひコメントをいただけたら嬉しいです!


スポンサーサイト
テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

Tag:topics  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fatpower

Author:fatpower
かっこいい本物の音楽が大好きな中年です。
ロックの世界をSW中心に考えてみる。
SWについて、もう好き勝手に、迷惑なほど語りますんで悪しからず。
過去記事にも後で気づいたことはガンガン追記、書き換えしまくるので不親切極まりないですが、自分のブログだしやりたい放題で行かせていただきますっ。


フリーエリア
アフィリエイト・SEO対策
Google
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。