スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Live at Santa Monica

santamonica.jpg
パッケージも新たにようやくDVD化されたトラフィックの"Live at Santa Monica"をようやく入手しました。新たに、とはいえちと安普請な感じもありますが…。
英チェリーレッドからのリリースですが、もちろんリージョンフリー。めでたしです。

この映像、80年代の後半にVHS化され、動くトラフィックをまとめてみる機会などほとんどなかったファンの溜飲を下げたものでした。個人的にも何度繰り返して観たことか。こちらでもこの作品について少し触れましたが、時期的には71年の"The Low Spark of the High Heeled Boys"と73年の"Shoot Out at the Fantasy Factory"の間、ということになります。私は長いこと、これは73年と思っていたんですがパッケージには72年とありますね。ってことは72年末かもしれません。"Low Spark~"アルバムのリズム隊だったジム・ゴードン(dr)とリック・グレッチ(b)は、マッスルショールズの熟練スタジオマンのロジャー・ホーキンス(dr)とデヴィッド・フッド(b)に交替していますが、ライヴ盤"On The Road"に参加しているバリー・ベケット(key)はまだ未加入。

英国トラッド的風情と、ファンキーなサザンR&B、さらにはアフロビート的なものが絶妙に混じり合ったこの頃のトラフィックの演奏が存分に楽しめ、画質も良く、素晴らしい内容になっています。しかし、ひとつだけどうしても気になることがあります。スティーヴ本人に元気がないんです。
"Low Spark~"や"Rainmaker"のようなクールに進んでいく曲では気になりませんが、他の曲になっても明らかにパワーをセーブしている感じ。ググっといくべきポイントは一応押さえてはいるものの、例えばこの"40,000 Headmen"の歌い出しなどは、どうもうまく身体に力が入ってないようにも見えます。


この68年の強力な歌唱にくらべると、違いは明らか…。


しかしそれもそのはず。このアメリカツアー中にスティーヴは腹膜炎で入院、かなり危険な状態に陥ったといいます。確かにずいぶん顔色が悪いし、頬もこけて目もどこか虚ろだし、ずいぶんやせ細ってしまったように見えますよね。最後の"Dear Mr.Fantasy"が終わった後の「サンキュー」の声の弱々しさはかなり観ていて辛いものがあります。SDG時代から長らく続けて来たツアー生活のしわ寄せがこのあたりから出て来たのかもしれません。

その証拠に73年に病から復帰したあとのこの映像ではずいぶん表情に生気が蘇って、声の張りも戻っているようにも思います。やっぱりミュージシャン、身体が資本です…。


しかしながら、現役で活動中のトラフィックのステージの様子をまとめて体験できるソフトは現状これだけなわけで(もちろん94年再編のときのものはありますが)、YouTubeの小さい画面も悪くはないけど、ここはやはりDVDの大画面でじっくり堪能するのが良いのではないかと。また、クリス・ウッドのバンド内における巨大な影響も再確認できるはず。話はそれますが、クリス・ウッドの生前進行していたソロ作品がリリースされるとのこと。これまた気になりますね…。

何はともあれ、このDVD、なくならないうちにぜひゲットしておくことをおすすめします。









スポンサーサイト
テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

Tag:traffic  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fatpower

Author:fatpower
かっこいい本物の音楽が大好きな中年です。
ロックの世界をSW中心に考えてみる。
SWについて、もう好き勝手に、迷惑なほど語りますんで悪しからず。
過去記事にも後で気づいたことはガンガン追記、書き換えしまくるので不親切極まりないですが、自分のブログだしやりたい放題で行かせていただきますっ。


フリーエリア
アフィリエイト・SEO対策
Google
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。